携帯電話ジャマー・電波遮断装置の販売専門店

http://www.goo-buy.com/signal-jammer.html 室内などにおける携帯電話型盗聴器・携帯電話型盗撮器・WiFi通信機器等の電波遮断と防犯対策ための便利グッズをご紹介

[PR 広告]

  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

赤外線カメラで夜も撮影可能に

監視カメラで人間の精神状態を可視化

幕張メッセで30日まで開催されていた「2015 Japan IT Week 秋」にて、ディフェンス・レイバー・エアロは防犯監視システム「DEFENDER-X」の展示実演を行った。

防犯監視カメラの映像から人物の精神状態を自動で解析し、不審者を検知するシステムで、犯罪を未然に防ぐというコンセプト。使われている技術は、体が無意識に発している振動と人の感情の相関関係をもとに、対象者がどんな心理状態にあるかを分析して導き出すことができる。

 具体的には、ストレスを感じた状態、恐怖を感じた状態、攻撃性が高まった状態だということを視覚的に表示する。利用時は、数秒の映像で不審者を検知して、危険度をリアルタイムに数値化。あらかじめ設定している値以上の振動を検知すると赤枠で対象を特定して監視者へと通知を行う。

 システムの根幹となるのは、ロシアで開発された「VibraImage」という技術。ソチオリンピック会場をはじめ、ロシア国内ではデパートや政府機関、空港などでも採用実績があるという。

ボールペン カメラ

 日本国内での一般向けの展示は今回が初となるが、すでに官公庁や警備関係企業などに評価用のシステム導入などを行い、検証を行っているそうだ。

 なお、同製品は、専用の赤外線カメラを用意する必要はなく、既存の監視カメラシステムにも付加することができる。金額は公開されていないが、民間レベルでも導入可能な価格設定とのこと。

小型カメラをビジネス活用しよう

ビジネスシーンでの小型カメラの活用方法は様々あります。
一番用途としてご好評頂いているのは、やはり会議や商談での備忘録として使用されるケースが多いです。
あの時に話は何だったか?と後から確認できるので、ミスが大幅に減りますし、見直しにも使えます。

こういったケースで選ばれるカメラは、とにかく小さい小型隠しカメラが適していると同時にオススメのカテゴリとなっています。

相手がいる場面などでは録音・録画をすることに了承を得るマナーを忘れないように心がけたほうがいいですね!

ペン型隠しカメラ

さらに、ビジネス=ペン型カメラと紹介しているケースが多いですが、不便な点もいくつかあります。
ペン型のカメラの位置は胸ポケットに挿入しての場面が想定されているので、持ったままや、置いたままの撮影にコツがいることです。
しかし胸ポケットがあれば、目線を逃さず体の向きに連動しますので、とても使いやすいです。

他におすすめできる超小型カメラですと、ミントケース型や、キーレス型です。
この2つは「置く」という動作が自然なので、身につけて撮影する物よりも固定撮影が容易になります。
また、ほとんどの人が知っている形状なので、違和感もなく使用可能です。

ペン型隠しカメラと違い、ビジネスシーンのみならずプライベートでも使えるのが嬉しいですね。
デートや旅行にペン型は少し不自然になってしまいます。
場面に適した形状をお選び頂ければきっとご満足頂けます!

関連サイト

https://withphoto.jp/album/goobuy/351954/

http://www.singritty.com/profiles/blogs/phs-wi-fi

http://www.edutorium.org/pages/view/251407/wifi


  1. 2016/1/25(月) 19:45:32|
  2. 防犯監視カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
 X 閉じる
MORK